安心できる金融機関でお金を借りるメリットとデメリットとは

Processed with VSCO with f2 preset

安心できる金融機関でお金を借りると、家族も納得してくれる、隣人との話題の材料にできるなどがメリットです。例えば家で何らかの事業をしていて、設備投資の際の費用をどこで借りるか家族で相談したとします。その時に地域で有名で信用がある所でお金を借りる話をすれば、家族は皆納得してくれます。そして無事に借入が済むと、設備投資に結びつくので事業をしやすくなります。利益に結びついたことから、家長からしてみると嬉しい悲鳴と言える状況です。そして、金融機関を更に信用するきっかけにもつながります。あと、家で事業をしている時は、隣人に借入金の話をしても問題ありません。個人が借金をしているなら問題ですが、企業なので隣人も普通に話を聞いてくれると想定されます。おそらくですが、隣人はお金の借り方や返済方法などに興味を抱くはずです。なので、どうやって返しているのかを伝えると、熱心に話を聞いてくれます。その時は月末に顧客から、売掛金やかかった費用を支払ってもらっていることを話せば理解を示してくれます。

デメリットは金融機関は世界経済の不況の影響を受けることがある、金利を支払う必要が生じるなどです。10年に1度か2度、世界的な不況が訪れることがあります。その時は安心できる金融機関も、大きな痛手を受けてしまう可能性があります。ただ、無理な返済を要求してくることはないので、今迄通りの支払いをしていれば問題ないです。貸出金利を少し引上げる場合がありますが、それは金融機関が自身を防衛する行為なので、素直に従っておきましょう。不景気と言われる状況は度々訪れますが、時間が経てば回復するので大丈夫です。また、お金を長期間借りていると金利を支払う必要がありますが、お金を貸しその分の金利を頂くのが金融機関の仕事なので仕方がない面もあります。ただ、少額なら短期間に一回で支払えば金利を払う必要はありません。高額の場合は、毎月の一定額の支払いで済むようにしてくれるので、金利は気にしないほうがいいです。